2月13日 感染者データ

ニュース

死亡者数 1357名(中国↑242名)+2名(香港1、フィリピン1)

感染者数 6万0011名(中国59493名)

国内感染者数 33名 クルーズ船感染者218名(↑44名)

国内死亡者数 1名

ロイターによると

中国湖北省の衛生当局は13日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が12日時点で242人増え、合計1310人になったと発表した。  

新型肺炎の感染者数は12日時点で新たに1万4840人増加し、合計では4万8206人となった。

死者の増加数は、昨年12月に新型ウイルスが特定されて以降で最悪。これまでは今月10日の103人増が最悪の記録だった。

中国本土で11日に新たに確認された感染者は2015人と、1月30日以来の低水準だったが、湖北省が13日発表した新たな感染者は省内だけで1万4840人にのぼった。

同省当局者は、新たな手法で感染者の数を数えたと説明しているが、手法の変更が感染者の数にどの程度の影響を及ぼしたかは不明。死者数が急増した理由も明らかになっていない。

湖北省の発表を受け、アジア株式市場は軟調に推移。円、金、債券など安全資産が値上がりしている。

世界保健機関WHO)のテドロス事務局長は12日、「感染拡大はなお(増減)いずれの方向にも振れる可能性がある」と発言。

専門家デール・フィッシャー氏は「新型ウイルスは他国・地域に広がり、中国国外での感染拡大が始まっている」と警鐘を鳴らし、「とりわけシンガポールでは始まったばかりだ」と指摘した。

シンガポールではこれまでに50人に感染が確認されている。

厚労省によると

2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、海上において検疫を実施中ですが、船内での長期間にわたる滞在により健康障害のリスクが高いと考えられる方を中心に、新たに新型コロナウイルスに関する検査を実施し、結果が判明した221名のうち、44名について新型コロナウイルスの陽性が確認されました。今後、感染症病棟を有する医療機関等に搬送することとしています。陽性が確認されたのは、延べ713名の検査中218名となりました。

深刻なニュースばかりだが、いいニュースもある。

時事ドットコムニュースによると

政府チャーター機の第1便で中国・武漢市から帰国した邦人が12日、新型コロナウイルスの再検査で「陰性」が確認され、滞在していた千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」から帰宅を始めた。「感謝の言葉もない。本当にありがたい」。2週間を過ごしたホテルの関係者や地元住民らに対し、滞在者からは感謝の言葉が相次いだ。

<新型肺炎、感染拡大 関連ニュース一覧>

 12日の帰宅を選んだ25人が乗ったバスは午後7時ごろ、ホテルを後にした。ホテルを出る際、地元住民らは大きく手を振り、「お疲れ様でした」とメッセージが入った横断幕を掲げて見送った。

夜になって入ってきたニュースだが、

毎日放送によると

新型コロナウイルスによる感染症で、厚生労働省などは13日、神奈川県の80代女性、和歌山県の50代の男性医師、東京都の70代の男性タクシー運転手、千葉県の20代男性の計4人の新たな感染が確認されたと発表した。神奈川県の女性は13日に死亡した。感染者の死亡は国内初。いずれも最近、中国への渡航歴はなかったとみられ、厚労省は感染経路を調べている。

 厚労省によると、女性は1月22日に体のだるさを覚え、28日に医療機関を受診。2月1日の再受診で肺炎の診断を受け、入院した。6日に抗生剤治療を受けたが呼吸状態が悪化し、13日に死亡が確認された。12日にウイルス検査をしており、死亡後に陽性と確認されたという。感染と死亡との因果関係は調査中。女性に最近の渡航歴はなかった。

 和歌山県によると、男性は「済生会有田病院」(同県湯浅町)の外科医。1月31日に発熱などを訴え、2月1~2日は診察を休んだ。8日のCT検査で肺炎の特徴を示し、10日に入院。13日の検査で感染が判明した。新型コロナウイルスに感染した患者と接触していたかどうかは不明という。一般の医療従事者の感染確認は初めて。

 ほかに同僚の男性外科医と男性患者ら計4人が肺炎を発症しているという。1人は検査で陰性だったが、同僚医師ら残り3人は感染が疑われるという。県は男性医師の同僚や家族にも検査を実施し、感染の有無を確認する。同病院は当面の間、新規の患者の受け入れを中止する。

 また、関係者によると、東京都の男性は1月29日に発熱し、2月6日に医療機関へ入院した。検査の結果、13日に新型コロナウイルスへの感染が確認されたという。

 国内で感染が確認されたのは、クルーズ船218人▽クルーズ船の検疫官1人▽中国・武漢市からのチャーター機12人(無症状3人を含む)▽その他20人――で計251人となった

とうとう国内の犠牲者が出てきてしまいました。
 
国内での感染が拡大しないことを祈るばかりです。

 

タイトルとURLをコピーしました