2月11日 感染者データ

ニュース

死亡者数 1011名(↑103名) +2名(香港1名とフィリピン1名)

感染者数 4万2638名

国内感染者数 26名 クルーズ内感染者数135名

ブルームバーグの報道によると

中国の新型コロナウイルス感染者は、現地時間11日午前0時(日本時間同1時)時点で2478人増加し、中国本土の死者は1016人に達した。国家衛生健康委員会が同日発表した声明で明らかにした。死者は108人増えた。

  新型ウイルス流行の中心である湖北省では、新たに103人の死亡が確認された。前日の91人を上回り、これまでで最も大幅な増加を記録した。中国本土で確認された感染者の数は4万2638人となった。湖北省で2097人増えたが、1日以降で最も小幅にとどまった。

  米国では、疾病対策センター(CDC)がカリフォルニア州での新たに1人の感染を確認。同国の感染者数は13人に上った。

  米半導体メーカーのインテルは今月バルセロナで開催される見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」への出展を取りやめると発表した。エリクソンやソニー、エヌビディアなども従業員の健康リスクを回避するため出展見送りを決めている。

  シンガポールでは、新型コロナウイルスの流行で観光客と観光収入が今年25ー30%減少する恐れがある。

  シンガポール政府観光局のキース・タン氏がブルームバーグテレビジョンとのインタビューで述べたもので、1日当たりの観光客数は1万8000人から2万人減少しており、業界は2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)よりも深刻な影響に身構えているという。

  フィリピンの入国管理局は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国や香港、マカオからの外国人の出入国一時禁止措置を台湾にも拡大。フィリピン航空とセブ・エアーは台湾便の運航を11日から停止した。

  中国国営中央テレビ(CCTV)によれば、湖北省は同省の衛生健康委のトップら2人を解任した。新型ウイルスに対応する中国当局のスピードと透明性に批判が高まる中で、新型ウイルスに警鐘を鳴らした医師の死が国民の怒りを買って以降初めて、習近平国家主席が公の場に姿を見せた。

  中国国営の新華社通信によると、習主席は10日午後、感染拡大防止の現状を視察するため北京の朝陽区を訪問。マスクを着用し、体温を測る主席の写真を新華社が公開した。

タイトルとURLをコピーしました